<   2010年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

臨時接種の新類型創設へ―インフル対策で予防接種部会(医療介護CBニュース)

 新たな弱毒性の新型インフルエンザが発生した場合に、予防接種法で対応できるよう同法を改正するため、厚生労働省は1月27日、「厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会」(部会長=加藤達夫・国立成育医療センター総長)の第3回会合を開いた。この日の会合では厚労省側が、臨時接種に新たな類型を創設することなどを盛り込んだ素案を提示し、大筋で了承された。

【予防接種体系図詳細】


 現行の臨時接種では、感染力と病原性が強い疾患が想定されている。一方、新たな類型は今回の新型インフルエンザのように、病原性が強くなく緊急性は低いが、感染力が強く、社会的混乱を避けるため臨時に接種を行う場合を想定している。
 現行の臨時接種で生じる接種の努力義務について厚労省は、新たな類型では「『あり』とまではいかないまでも、『なし』としても接種の実施が難しくなる」との認識を示し、「勧奨」とする考えを示した。接種費用の実費徴収は、現行の臨時接種では「不可」となっているが、緊急性が低いことから、「経済的困窮者を除く被接種者からは、実費を徴収することが適当」とした。

 これを委員が了承し、臨時接種に新たな類型を創設することで合意した。
 ただ、岡部信彦委員(国立感染症研究所感染症情報センター長)は「病原性が強いかどうかは、多少時間を置かないと分からない。製造の段階と接種の段階では少し考え方が違ってくることがある」と指摘した。
 接種費用については、実費徴収とすることで意見が一致したが、澁谷いづみ委員(愛知県半田保健所長)ら自治体の担当者などが、自治体間の財政基盤の差が影響しないよう配慮を求めた。

■定期接種化「接種率など理解しないと」―岡部委員
 素案ではこのほか、臨時接種として実施した新型インフルエンザの予防接種をその後、定期接種するかどうか、する場合の要件などが論点に挙げられた。
 現行の予防接種法では、インフルエンザは二類定期接種で、対象が高齢者に限定されており、今回の新型インフルエンザのように、小児などにも接種を行うには、法改正が必要になる。

 これについて岡部委員は、「重症度や予後、ワクチンの接種率など、疾病がどういうものかを理解しないと、(定期接種への)切り替えはできない」との見解を示した。その上で、現在のインフルエンザのサーベイランスでは、どの年齢層でどのくらいの患者が発生しているかしか分からないと指摘し、重症例や治療の経過などを把握できるよう「サーベイランス体制の強化が必要だ」と述べた。


【関連記事】
法改正も視野に予防接種部会を開催―厚労省
新たな新型インフルに予防接種法で対応―厚労省方針
ワクチン接種に伴う健康被害の補償や免責「2年がかりで検討」―足立政務官
新型インフル、感染症法2類類似疾患からの解除を―四病協
次期通常国会への提出法案を説明−厚労省政策会議

<国会>政府4演説1月29日実施で3党合意(毎日新聞)
<時効廃止>中井国家公安委員長 支持する意向を表明(毎日新聞)
<中国残留孤児>曲美琴さんの「兄」、DNA鑑定で無関係(毎日新聞)
「謝って下さい、お願いします」菅家さん謝罪を懇願 足利再審(産経新聞)
<全建国保>多数が無資格加入、都など徳島県支部を検査(毎日新聞)
[PR]
by i80dfullep | 2010-01-31 19:26

<盗難>患者の情報入りパソコン盗まれる…長野の医師(毎日新聞)

 長野県立こども病院(安曇野市、宮坂勝之院長)は29日、循環器科医が22日に静岡市内で開かれた学会に参加中、入院患者519人分の個人情報が入った私物のパソコンとハードディスクを盗まれたと発表した。

 病院によると、07〜09年に同科に入院した長野、埼玉、山梨県在住の0〜20歳の患者に関する退院時の症例概要が入力されており、519人の名前、生年月日、うち506人の自宅などの電話番号もあった。

 パソコンとファイルはそれぞれパスワードで保護されており、これまで被害の報告はないという。【高橋龍介】

【月と太陽の物語】明石海峡大橋 だるま×だるま(産経新聞)
振り込め詐欺 日中混成グループが暗躍 警官名名乗り(毎日新聞)
マンション非居住者限定の「住民活動協力金」は有効 最高裁(産経新聞)
店員は柔道経験者…客も連携、コンビニ強盗を逮捕(産経新聞)
<節分>本番間もなく 福升作り 三重・二見興玉神社(毎日新聞)
[PR]
by i80dfullep | 2010-01-30 04:19

<足利事件>許すことはできない、永久に…菅家さん怒り込め(毎日新聞)

 栃木県足利市で90年、4歳女児が殺害された「足利事件」で無期懲役が確定し、昨年6月に釈放された菅家利和さん(63)の再審第5回公判が22日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)であった。約3時間の証人尋問で、取り調べを担当した宇都宮地検元検事、森川大司(だいじ)氏(62)から謝罪や反省の言葉は出なかった。1審判決以来、16年半ぶりに森川氏と対峙(たいじ)した菅家さんは、公判後の会見で「謝ってもらいたかった。絶対許すことはできません。永久に。謝るまで」と怒りを込めて語った。【吉村周平、岩壁峻】

 午後1時、森川氏が入廷。「うそをつかない」との宣誓書を読み上げると、弁護団席の菅家さんは小さく首をかしげた。「まず、菅家さんから質問があります」と裁判長に告げる弁護団。菅家さんは立ち上がり、森川氏をにらんだ。

 「無実の罪を着せたことに謝ってください」「私の家族に謝ってください。苦しんでいるんです」「どう思うんですか、本当に苦しんでいるんですよ」。森川氏は、何度も謝罪を求める菅家さんに顔を向け、「厳粛に深刻に受け止めています」と繰り返した。「反省してないんですか」。身を乗り出した菅家さんに検察官が「異議」を唱えたが、菅家さんは「黙っててください」と声を荒らげ、「あなたは私に『人間性がない』と言ったが、あなたの方が人間性がない。私は怒ってますよ」と声を張り上げた。

 弁護団の質問をはさみ、菅家さんは再び立ち上がった。「森川さんね、私は本当につらい思いをしました」「立場を逆に考えてください。お願いします」と懇願するように、改めて謝罪を求めた。

 森川氏は数秒間沈黙した後、消え入りそうな声で「先ほど申し上げた通りです」と答えた。

 一方、検察側からの質問はなかった。次回2月12日の第6回公判で検察側が無罪を求刑し、3月26日に判決が言い渡される予定。

 ◇「自白強要ない」…元検事主張

 証人尋問で森川氏は当時の菅家さんを「おとなしく、強く言うと反論できない。おどおどした性格」とみていたと明らかにする一方で「自白の強要はありません」と述べ、菅家さんの供述に任意性があったと主張した。

 菅家さんが足利事件を否認したことは「罪をまぬがれるための虚偽供述」ととらえ、「信用性を検討するため、証拠をぶつけて真意を確認しよう」と翌日の調べに臨んだと証言。「別の二つの女児殺害事件と記憶が混在していないか、面倒くさくて同じ供述をしていないか、考えながら取り調べました」と語った。

 DNA鑑定は「有力な証拠と思っていました」。弁護側から「DNA鑑定だけでは逮捕状を取れず、自白があって初めて逮捕できると上司から聞いたか」と問われると「近いことは言われた記憶があります」と認めた。

 菅家さんは92年12月7日に森川氏の取り調べを受けた際、足利事件を否認したが、森川氏はこの事実を裁判所や弁護士に伝えず、論告でも約2週間後の「第6回公判で突然否認」と主張した。その理由を「(必要と認められなかった」と釈明。弁護団に「(否認の様子を録音した)テープの中身を知っていれば、裁判所の判断が変わった可能性がありますよね」と問われても「私はそう判断しませんでした」と答えた。また、別件を不起訴としながら足利事件を厳しく追及した理由を弁護団に問われ「体験者でなければ語れないような供述がいくつもありました。公判での自白も有力な証拠で、否認でも有罪と思った」と述べた。【安高晋】

【関連ニュース】
足利事件再審:元検事「深刻に思う」 菅家さん「謝って」
足利事件:91年12月20日の県警聴取テープ
足利事件再審:聴取テープを再生 菅家さん3件すべて否認
足利事件:取り調べテープ再生 21日から再審公判
足利事件:菅家さん 古里の寺で除夜の鐘を突き年越し

<環境問題>経済優先のアジアでも関心高まる 博報堂調査(毎日新聞)
<橋下知事>支持率70% 毎日新聞調査(毎日新聞)
デイリースポーツ電子版発行へ=神戸新聞社(時事通信)
与党「政策実現」、野党「小沢氏追及」=論戦へ決意(時事通信)
占い、マッサージ…献血PRへ多彩なサービス (産経新聞)
[PR]
by i80dfullep | 2010-01-27 11:56

衆院代表質問 政治資金問題で大島氏「自浄能力問われる」(産経新聞)

 国会は19日午後、菅直人副総理・財務相の18日の財政演説に対する各党の代表質問を行い、与野党の論戦がスタートした。最初に自民党の大島理森(ただもり)幹事長が登壇。鳩山由紀夫首相と民主党の小沢一郎幹事長の政治資金問題を取り上げ、「首相、小沢氏、民主党の自浄能力が問われている」と追及し、事実関係の解明と政治責任の明確化を要求した。

 政府・与党は平成21年度第2次補正予算案の月内成立を目指すが、自民党など野党は「政治とカネ」の問題に関する集中審議と小沢氏の参考人招致を求める方針で、冒頭から波乱含みだ。

 大島氏は小沢氏の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件について、土地購入の原資、複雑な資金操作を行う理由を調査し国会に提出するよう要求した。同時に、「検察と闘う」姿勢を鮮明にした小沢氏に対し、首相が「どうぞ闘ってください」と応じたことについて、「指揮権発動」が念頭にあったのか真意をただした。

 首相の元公設秘書2人が政治資金規正法違反罪で在宅・略式起訴された偽装献金事件に関しては、「国民の常識からすると全く理解できない」として改めて首相の関与の有無を聞いた。

 この日は大島氏に続き、公明党の斉藤鉄夫政調会長、共産党の佐々木憲昭、社民党の中島隆利両氏が質問に立つ。

 このうち斉藤氏は、政府の経済政策について「司令塔不在で迷走している」と批判。首相や小沢氏の疑惑をめぐり虚偽記載など違法行為を発覚した場合は議員本人の公民権を停止するとした公明党の政治資金規正法改正案への賛同を促す。

【関連記事】
東国原知事「不信感増長させた。小沢氏は国民に広く説明せよ」
千葉法相、指揮権発動否定せず 小沢氏土地疑惑事件
小沢氏疑惑 閣僚反応 前原「事情聴取応諾は大変結構」
「特捜部にも説明責任」「何を考え執行したかよく分からない」 中井国家公安委員長が異例の言及
民主党やテレ朝に銃弾?入り封筒 小沢幹事長絡みの文書同封

政治の閉塞 平成の龍馬はいないのか (産経新聞)
皇太子ご夫妻、震災15周年式典にご出席(産経新聞)
社民党 普天間、現行案なら連立離脱 福島党首改めて示唆(毎日新聞)
<日本マクドナルド>社員の「過労死」認定 東京地裁(毎日新聞)
東京芸術劇場の外部チケットサイト「ガンブラー」感染(産経新聞)
[PR]
by i80dfullep | 2010-01-26 01:36

「指示に従わず」と部下暴行=特別救助隊員を停職−東京消防庁(時事通信)

 部下に暴行したとして、東京消防庁は18日、同庁練馬消防署特別救助隊員の男性消防士長(35)を停職6カ月の懲戒処分にした。
 同庁によると、士長は昨年10月25日午後9時半ごろ、火災現場から署に戻った際、防火服の整理を命じた部下の男性消防副士長(33)が別の作業をしていたため、ほおを平手打ちにし、尻などをけった。
 副士長はあごの骨が折れており、現在も治療中という。
 士長は「指示に従わず、腹が立った」と説明。副士長は「別の隊員が既に作業しており、手は足りていると思った」と話している。 

<広島女児殺害>4月8日に初公判 ヤギ被告差し戻し審(毎日新聞)
「怖さが先立って…」別事件での自白を菅家さんが説明 足利再審(産経新聞)
志位・市田体制を継続=共産(時事通信)
「めざましテレビ」がプロデュース 銀座の目玉 全国の名産品集合(産経新聞)
教育費のため食費節約54.8% 東北のローン利用者調査(河北新報)
[PR]
by i80dfullep | 2010-01-25 02:44

【人・街・声】終末期を考える市民の会結成20周年(産経新聞)

 ■西村会長「毎日が感動の連続」

 誰もがいつか直面する「死」を考えることで、限りある命を悔いなく生きることを提唱する「終末期を考える市民の会」を、東京都文京区在住の医師、西村文夫さん(85)が立ち上げて今年で20年目を迎えた。会員は800人に増え、会が作成した終末期の希望を記しておく書面「終末期宣言書」(リビングウィル)を書いた人は千人に達した。西村さんは「毎日が感動の連続だった」と振り返る。(清水麻子)

                   ◇

 西村さんが死について考えるようになったのは、今から25年前の60歳のとき。自宅で突然吐血し、救急車で運ばれた先の病院で、胃がんがみつかった。

 「長年、産婦人科医をしていて、未熟児が生まれたり、難産により母胎が亡くなるといった現場で、生や死は身近なものでした。でも自分が死に直面したことで、実感を伴って迫ってきました。救急車の中で、ああ、これでわが家も見納めか、と感じたのを覚えています」と西村さん。

 幸い見つかったがんは早期で、一命をとりとめた。しかし胃の全摘手術を受けた西村さんは退院後、まったく食欲を感じなくなった。そんな中で、西村さんの心に迫ってきたのは、終末期についての自分の意思を書面に残しておかなければ、という思いだった。

 生前の意思をリビングウィルとして書面に残す活動を行っている団体に日本尊厳死協会があった。しかし西村さんは、協会のリビングウィルを読んだとき、物足りなさを感じたという。

 「不治の病になったときには延命治療をしない、というのがその趣旨でした。でも個人には延命治療を拒否する権利もあれば、最後まで望む権利もあります。また終末期に選択を迫られる問題は、告知や終の棲家、脳死状態になったときの臓器の提供など、さまざまです」

 そこで、自分の意見が正確に反映されるものを仲間とともに考え、独自の「終末期宣言書」として全国への普及をめざすことにした。平成2年8月のことだった。

                   ◇

 それから20年近くになり、数ある思い出の中で、心に残っている出来事があるという。

 今から10年前のことだ。当時、70代だった西村さんのもとに、同世代の女性会員から連絡があった。夫が末期がんで、胃がんが肝臓などにも転移し死が迫っていたが、自らがんだと知らないまま、朝、ぽっくり息を引き取ったという。

 女性は「私が終末期宣言書を子供の前で話題にしたとき、夫は『僕はがんになっても黙っていてほしい。手術なんか絶対にいやだ。朝、目を覚まさず死んでいたというのが一番いい』と言っていました。夫の終末期の意思を確認できたのは、会のおかげ。どうもありがとうございました」と涙ながら言われたときに、活動を続けていてよかったとしみじみ思ったという。

 85歳になった西村さんには最近、自身が、どう死ぬか、より真剣に考えるようになったという。

 「死の恐怖を知らないで逝くPPK(ピンピンコロリ)が理想の死に方と良くいわれますが、私は、周囲や家族にあいさつもせず、勝手に逝くのはちょっと申し訳ない気がします。周囲も長くないと思い、本人もそれを分かっていて、最期に『ありがとう』と言って死にたい。幸い、自分の家計は、脳卒中でぽっくりいくよりも、がんや老衰の家系(笑)。今度、がんができたら、手術をせず、がんとともに生きていこうと思っています」

                   ◇

 会では2月4日、20周年を記念し、死生学の権威、のアルフォンス・デーケン氏を招いて「死生学入門〜よく生き よく笑い よき死と出会う〜」と題した講演会を開く。

 午後6時15分開場、講演は7時から。文京区春日の文京シビックホールで。問い合わせは「終末期を考える市民の会」事務局(電)(ファクス共通)03・5603・6004まで。

石川議員逮捕 「小沢体制で戦えるか」党大会で困惑の声(毎日新聞)
<自賠責>10年度の保険料を据え置き 金融庁審議会(毎日新聞)
2月にセミナー「本気の子宮頸がん検診フロンティア」(医療介護CBニュース)
北への制裁解除「認められない」 日韓外相一致(産経新聞)
<告訴>ノリタケが子会社元従業員を 約4億円横領容疑で(毎日新聞)
[PR]
by i80dfullep | 2010-01-23 14:02

働く20〜40代の6割が貯金300万以下(産経新聞)

 ニフティが昨年11月、全国20〜40代の働く男女計900人(各世代男女150人)に行った貯金に関する意識調査で、全体の6割超が貯金額は300万以下であることが分かった。

 調査結果によると、全体の貯金額は1万〜100万円が最多で33・2%。次いで101万〜300万円が26・2%。0円の6・0%を含め、300万円以下が65・4%だった。

 世代別では、貯金が全くない人は20代3・0%、30代6・3%、40代8・7%。一方、1001万円以上は20代1・3%、30代9・3%で、40代では19・0%だった。40代では、貯金額に大きな差がみられた。

 貯金をする目的(複数回答)のトップは「老後のため」で全体の48%。女性の55・3%に対し男性は40・6%で、女性のほうが老後への不安が高い傾向がうかがえた。そのほか、「趣味のため」(37・6%)「教育資金」(20・2%)「マイホーム資金」(19・0%)などが続いた。

<子ども手当>年3回分割支給、市町村に申請必要 法案概要(毎日新聞)
内部告発のオリンパス社員敗訴=配転命令違法と認めず−東京地裁(時事通信)
JR脱線事故 遺族ら検審へ意見書提出決定(産経新聞)
小沢氏疑惑 閣僚反応 前原「事情聴取応諾は大変結構」(産経新聞)
ご注意!キャッシュバック偽装、実質ヤミ金(読売新聞)
[PR]
by i80dfullep | 2010-01-22 19:55

石川議員、離党の公算大きく(読売新聞)

 民主党の石川知裕衆院議員が、逮捕を受けて離党する公算が大きくなった。

 民主党筋は15日夜、「逮捕された以上、離党することになるのではないか」と語った。

 民主党の高嶋良充筆頭副幹事長、細野豪志副幹事長らは石川議員の逮捕後、党本部で対応を協議した。

ドコモ携帯で通信障害=東京、神奈川、埼玉で(時事通信)
裁判員大阪地裁 元組長に懲役11年 覚醒剤密輸事件(産経新聞)
長崎・漁船不明 海底の船の映像、不明者家族らに公開(毎日新聞)
「小沢さん、厳しいねえ」反小沢陣営からは…(産経新聞)
外国人参政権 理屈通らない小沢理論(産経新聞)
[PR]
by i80dfullep | 2010-01-21 22:38

<谷垣総裁>「物言えば唇寒し」民主党を皮肉る (毎日新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は14日の記者会見で、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体による土地取引を巡り同党内から小沢氏に説明を求める声が出ないことについて「物言えば唇寒しという心境ではないか」と皮肉った。石破茂政調会長も会見で、東京地検特捜部の任意聴取に小沢氏が応じていないことについて「公党の幹事長としてあるまじきことだ」と批判した。

 自民党は14日に開いた「小沢幹事長政治資金問題勉強会」に東京地検特捜部に事情聴取された石川知裕衆院議員の元私設秘書を招いて意見聴取。出席議員から「民主党内から説明すべきだという声がまったくあがらないのは党の体質の問題」などの批判が相次いだ。【田所柳子】

【関連ニュース】
自民党:谷垣総裁が元首相3人に新年あいさつ 助言受ける
谷垣自民総裁:伊勢神宮を参拝「現政権の問題点追及」
谷垣・自民党総裁:消費税言及なし 政府姿勢を批判
鳩山首相:普天間移設完了期限「動かさない」 谷垣総裁に
自民党:二階氏の役職辞任、谷垣総裁が了承

政府税調 専門家委座長に神野直彦・関西学院大教授で調整(毎日新聞)
<陸山会会計処理>石川議員元秘書が「証拠隠した」と上申書(毎日新聞)
政府、ハイチに500万ドル上限の緊急無償資金協力(産経新聞)
3新人が届け出=宮崎市長選(時事通信)
<輿石参院議員会長>「政権公約実現、国民に対する使命」(毎日新聞)
[PR]
by i80dfullep | 2010-01-21 04:58

行方不明の住職、食品万引き=現行犯逮捕「金使い果たした」−福島(時事通信)

 昨年11月から所在不明となり、奈良県警が行方を捜していた住職が17日、福島市のスーパーで食品を万引きしたとして、窃盗容疑で福島県警に現行犯逮捕された。同県警によると、「金を使い果たしてやった」と供述しているという。
 逮捕されたのは、奈良県橿原市の西応寺住職庵戸真教容疑者(29)。調べに対し「京都、東京などを経由し福島に来た」と話しているという。
 逮捕容疑は17日午後5時40分ごろ、福島市南矢野目にあるスーパー食品売り場で、おにぎりなどの食品8点(計969円)を盗んだ疑い。
 福島県警によると、巡回中の警備員が金を支払わずに店を出た庵戸容疑者に気付き、福島北署員に引き渡した。所持金は100円程度だったという。 

【関連ニュース】
千葉県警警部、フィギュア万引き=現行犯で逮捕
裁判長「実刑意見あった」と説諭=猶予判決、評議に言及
警視庁巡査長を書類送検=アイス5個万引き容疑
巡査部長が食料品万引き=「金惜しかった」、停職処分に
「不況で事件懸念、積極活動を」=署長会議で米村警視総監

捜索2日目、手掛かりなし=10人乗り漁船遭難−五島列島沖(時事通信)
名古屋中央卸売市場で火災、事務所の男性重体(読売新聞)
【十字路】福井で名物の「合格ダルマ」作り(産経新聞)
<居酒屋発砲>大阪市職員の杉浦容疑者、斎場で火葬など担当(毎日新聞)
怒声飛び交うゲーム賭博店の緊迫手入れ(産経新聞)
[PR]
by i80dfullep | 2010-01-20 02:38