「指示に従わず」と部下暴行=特別救助隊員を停職−東京消防庁(時事通信)

 部下に暴行したとして、東京消防庁は18日、同庁練馬消防署特別救助隊員の男性消防士長(35)を停職6カ月の懲戒処分にした。
 同庁によると、士長は昨年10月25日午後9時半ごろ、火災現場から署に戻った際、防火服の整理を命じた部下の男性消防副士長(33)が別の作業をしていたため、ほおを平手打ちにし、尻などをけった。
 副士長はあごの骨が折れており、現在も治療中という。
 士長は「指示に従わず、腹が立った」と説明。副士長は「別の隊員が既に作業しており、手は足りていると思った」と話している。 

<広島女児殺害>4月8日に初公判 ヤギ被告差し戻し審(毎日新聞)
「怖さが先立って…」別事件での自白を菅家さんが説明 足利再審(産経新聞)
志位・市田体制を継続=共産(時事通信)
「めざましテレビ」がプロデュース 銀座の目玉 全国の名産品集合(産経新聞)
教育費のため食費節約54.8% 東北のローン利用者調査(河北新報)
[PR]
by i80dfullep | 2010-01-25 02:44


<< 衆院代表質問 政治資金問題で大... 【人・街・声】終末期を考える市... >>