<センター試験>監督者のミス 信州大の14分早く始めた試験(毎日新聞)

 大学入試センターは17日、センター試験第2日の信州大工学部会場で理科1の試験を14分早くスタートしたミスは、監督者が試験の説明をした後、そのまま続けて「始め」の合図をしたためだったと訂正した。

 当初は、午前9時半スタートの試験で受験生の一人が配布された問題用紙を早く開いてしまったためと説明していたが、同日夕に信州大から訂正の連絡が入った。【デジタルメディア局】

【関連ニュース】
<関連記事>センター試験:信州大で14分早くスタート 理科1
<特集センター試験>16、17日の問題と解答
<写真で振り返るセンター試験20年>
<次は私大、2次>09年大学入試問題と解答例
センター試験:今年も地元志向「就職を意識」

小沢氏書生から議員に=疑惑報道に疲労も−石川議員(時事通信)
<外国人地方参政権>通常国会に法案提出方針…平野官房長官(毎日新聞)
福男選び 一番福は大阪体育大学陸上部員 兵庫・西宮神社(毎日新聞)
住宅全焼、3人死亡=会社員と男児か−青森(時事通信)
05年にも4億円不記載=同時期にゼネコン「裏献金」−関連を捜査・東京地検(時事通信)
[PR]
by i80dfullep | 2010-01-18 10:13


<< 行方不明の住職、食品万引き=現... <日本郵政>3社体制に再編固め... >>