サウンドデトックス スピーカーで聴く方が効果的(産経新聞)

 若手社員のストレス解消法の1位は「音楽」で、さらにイヤホン(ヘッドホンを含む)よりもスピーカーで聴く方がリラックス効果が高まる−。生活応援サイトのライフスタイルネットが行った「音楽とストレスの関係」を探る意識調査から、こんな傾向が明らかになった。

 調査は5月6、7の両日、入社1〜3年目の会社員312人(男女とも156人)を対象にインターネットで行われた。

 「(今の)気持ちに近いものは?」と聞くと、1位「梅雨が嫌い」82・4%、2位「雨が続くと憂鬱(ゆううつ)になる」78・2%−と梅雨にかかわる回答が上位を占めた。若手社員のストレスと雨は密接な関係にあると言えそうだ。

 普段のストレス解消法を問うと、1位「音楽を聴く」66・3%、2位「食事」55・1%、3位は「睡眠時間を長く取る」と「家族、友人、恋人などと過ごす」が49・4%で並んだ。

 「自宅で音楽を聴く方法」は、イヤホン派が41・3%、スピーカー派が57・7%だった。そのどちらを選ぶかは気分にもよるそうで、イヤホンの場合は(1)集中したいとき(2)音量を気にせず音楽を聴きたいとき(3)リラックスしたいとき−の順、スピーカーの場合は(1)BGMが欲しいとき(2)リラックスしたいとき(3)くつろぎたいとき−と使い分けている。

 この結果を踏まえて、医学博士で脳科学研究者の加藤俊徳氏(49)が調査チームと協力し、音楽と脳について実験。いずれも23歳の会社員の男女に、イヤホンとスピーカーで3分間同じ音楽を聴かせた。2人ともスピーカーの場合、脳の活動を示す酸素消費量がイヤホン時の4分の1で、よりリラックスしていたことが分かった。

 加藤氏は「イヤホンは直接、耳に固定されるので、すぐに音楽に集中したいときは効果があるが、音楽への接し方の自由度は比較的低い。一方、スピーカーだと空間に広がる音楽を自由に聴けるので、気分転換になったり、リラックスできたりという“サウンドデトックス”(音楽による浄化)効果が得やすいのではないか。研究を重ねれば、人によってどういう音楽が有効なのかも提案できるだろう」と話している。

覚せい剤密造、イラン人宅からマニュアル押収(読売新聞)
複数区の複数候補擁立の見直しも 民主党選対委員長に内定の安住氏(産経新聞)
<河村市長>「増税せんで」菅内閣に注文(毎日新聞)
菅新首相 国の針路正し危機打開を ばらまき政権公約を撤回せよ(産経新聞)
鳩山首相の在職266日に=組閣、首相指名の4日後(時事通信)
[PR]
by i80dfullep | 2010-06-11 22:59


<放送文化基金賞>受賞作が決定... >>