感染経路は特定できず=愛知の鳥インフル(時事通信)

 農林水産省は23日、昨年2〜3月に愛知県内のうずら農場7戸で発生した弱毒性鳥インフルエンザに関する疫学調査チームの最終報告書を発表した。ウイルスはH7N6型で国内初検出だったが、感染経路は特定できなかった。ウイルスの侵入時期も不明だが、かなり前にうずら農場へ侵入したウイルスが発生地域の農場間で維持されていた可能性を指摘した。愛知県の鳥インフルエンザは昨年7月までに終息している。 

【関連ニュース】
強毒の混合ウイルス作製=鳥のH5N1と季節性インフル
新型インフルの臨時接種も制度化=提言受け、法改正へ
下水処理水を輸出=中東などの農・工業用
台湾からの鳥肉輸入停止=農水省
山形で豚が新型インフル=国内2例目

捕鯨、日本と対立激化 シー・シェパード、具体策に触れず(産経新聞)
高速増殖炉もんじゅ再開、原子力安全委が了承(読売新聞)
織田信成応援団「靴ひもの変」に清洲城から悲鳴(スポーツ報知)
五木寛之さん、直木賞選考委員を辞任の意向(読売新聞)
生活保護費返還訴訟 敗訴の大阪・泉南市、減額して再請求 女性「不当」と提訴(産経新聞)
[PR]
by i80dfullep | 2010-02-27 19:37


<< 市民記者メディア「JANJAN... 民家火災で2人死亡=老舗うなぎ... >>