サウンドデトックス スピーカーで聴く方が効果的(産経新聞)

 若手社員のストレス解消法の1位は「音楽」で、さらにイヤホン(ヘッドホンを含む)よりもスピーカーで聴く方がリラックス効果が高まる−。生活応援サイトのライフスタイルネットが行った「音楽とストレスの関係」を探る意識調査から、こんな傾向が明らかになった。

 調査は5月6、7の両日、入社1〜3年目の会社員312人(男女とも156人)を対象にインターネットで行われた。

 「(今の)気持ちに近いものは?」と聞くと、1位「梅雨が嫌い」82・4%、2位「雨が続くと憂鬱(ゆううつ)になる」78・2%−と梅雨にかかわる回答が上位を占めた。若手社員のストレスと雨は密接な関係にあると言えそうだ。

 普段のストレス解消法を問うと、1位「音楽を聴く」66・3%、2位「食事」55・1%、3位は「睡眠時間を長く取る」と「家族、友人、恋人などと過ごす」が49・4%で並んだ。

 「自宅で音楽を聴く方法」は、イヤホン派が41・3%、スピーカー派が57・7%だった。そのどちらを選ぶかは気分にもよるそうで、イヤホンの場合は(1)集中したいとき(2)音量を気にせず音楽を聴きたいとき(3)リラックスしたいとき−の順、スピーカーの場合は(1)BGMが欲しいとき(2)リラックスしたいとき(3)くつろぎたいとき−と使い分けている。

 この結果を踏まえて、医学博士で脳科学研究者の加藤俊徳氏(49)が調査チームと協力し、音楽と脳について実験。いずれも23歳の会社員の男女に、イヤホンとスピーカーで3分間同じ音楽を聴かせた。2人ともスピーカーの場合、脳の活動を示す酸素消費量がイヤホン時の4分の1で、よりリラックスしていたことが分かった。

 加藤氏は「イヤホンは直接、耳に固定されるので、すぐに音楽に集中したいときは効果があるが、音楽への接し方の自由度は比較的低い。一方、スピーカーだと空間に広がる音楽を自由に聴けるので、気分転換になったり、リラックスできたりという“サウンドデトックス”(音楽による浄化)効果が得やすいのではないか。研究を重ねれば、人によってどういう音楽が有効なのかも提案できるだろう」と話している。

覚せい剤密造、イラン人宅からマニュアル押収(読売新聞)
複数区の複数候補擁立の見直しも 民主党選対委員長に内定の安住氏(産経新聞)
<河村市長>「増税せんで」菅内閣に注文(毎日新聞)
菅新首相 国の針路正し危機打開を ばらまき政権公約を撤回せよ(産経新聞)
鳩山首相の在職266日に=組閣、首相指名の4日後(時事通信)
[PR]
# by i80dfullep | 2010-06-11 22:59

<放送文化基金賞>受賞作が決定(毎日新聞)

 優れた放送番組に贈られる第36回放送文化基金賞が28日、決まった。主な受賞作は次の通り。

 <テレビドキュメンタリー>本賞=「ハイビジョンふるさと発 嵐の気仙沼〜港町の特別な一日〜」(NHK仙台放送局)優秀賞=「唐招提寺平成の大改修〜4000日の全記録〜」(BS−TBS)<テレビドラマ>本賞=「阪神・淡路大震災15年 特集ドラマ その街のこども」(NHK大阪放送局)優秀賞=「広島発ドラマ 火の魚」(NHK広島放送局)<テレビエンターテインメント>本賞=該当なし▽優秀賞=「クリスマスの約束2009」(TBS)<ラジオ>本賞=該当なし▽優秀賞=「FMシアター かわり目〜父と娘の15年〜」(NHK大阪放送局)「ラジオ・ドキュメンタリー 逃げ得のしじま〜追跡・女性教員殺害犯の73年〜」(北海道放送)

【関連ニュース】
口蹄疫:畜産農家の国民年金保険料を免除
地震退避行動:「火の始末」も見直し 文科省作業部会
地籍調査:過去10年で実施5割未満 災害時混乱の恐れ
神戸ポートタワー:改修工事終了 LEDで外観カラフルに
チェリスト:823人が平和願い演奏 広島

<普天間移設>鳩山首相、知事会に一部訓練の受け入れ要請(毎日新聞)
自宅に大麻、歯科医を逮捕…尿から覚せい剤も(読売新聞)
普天間「将来の県外移設」を=首相に要望、民・社180人が署名(時事通信)
郵政法案 与党が強行採決、衆院通過(産経新聞)
学校の弓・矢160点窃盗、大学生ら6人書類送検 兵庫・三田(産経新聞)
[PR]
# by i80dfullep | 2010-06-02 00:42

<神奈川歯科大>歓迎コンパで飲酒、新入生が死亡(毎日新聞)

 神奈川歯科大(神奈川県横須賀市)のアメリカンフットボール部が15日に開いた新入生歓迎コンパで、多量の酒を飲んだ1年生の男子部員(25)が翌日に死亡していたことが分かった。男子部員は糖尿病だったといい、県警横須賀署は遺体を司法解剖して、飲酒と死亡の因果関係を調べている。

 同大などによると、コンパは15日夜に同市内の居酒屋で開かれ、部員や新入生らが参加した。男子部員は友人に付き添われて帰宅し、翌16日朝、病院に運ばれたが死亡したという。【吉住遊】

【関連ニュース】
<関連記事>なくそう・減らそう糖尿病:早期の血糖管理、死亡率低下に効果
<関連記事>なくそう・減らそう糖尿病:J−DOIT3、合併症予防の研究 患者主体で治療強化
<関連記事>■意外と知らない「糖尿病」の知識
<関連写真>世界糖尿デー 彦根城などがブルーにライトアップ

営業損益7.2億円の黒字に転換、原価率が改善―ジャパンケア3月期連結(医療介護CBニュース)
父の口からあふれる血を吸い…被害者長男が必死の救護(産経新聞)
首相沖縄再訪「辺野古」明言 “公約”と矛盾 偽りの5月決着(産経新聞)
<日米会談>両国防衛相、緊密な連携で一致(毎日新聞)
北教組事件、木村被告「独断で資金提供依頼」(読売新聞)
[PR]
# by i80dfullep | 2010-05-26 22:50

石川議員、午後に再聴取へ=陸山会虚偽記載―東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、東京地検特捜部は17日午後に、同会の事務担当だった衆院議員石川知裕被告(36)から任意で事情聴取する方針を固めた。
 15日の小沢氏への聴取に続き、同氏を「起訴相当」とした検察審査会の議決を受けた再捜査の一環。
 石川被告は「虚偽記載について小沢氏に報告し、了承を得た」と起訴前に供述。検察審査会はこれを、小沢氏が関与した直接証拠として挙げた。特捜部は再聴取で、改めて小沢氏の関与について詳しい説明を求めるとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

大阪市議補選告示 各陣営、都市構想訴え 橋下新党「大阪都」に対抗も(産経新聞)
「お経を上げるため」奈良・東大寺の法具盗む(読売新聞)
社会福祉法人が不法投棄の疑い…処理委託空き瓶(読売新聞)
学校の認識不十分 江戸川虐待死 都審議会が最終報告(産経新聞)
元巨人・堀内恒夫氏が事務所開き 東京ドームの目の前(産経新聞)
[PR]
# by i80dfullep | 2010-05-17 18:53

パラリンピック選手、応援イベント ヤクルト・館山投手提案、あすの横浜戦(産経新聞)

 東京都新宿区の神宮球場で2日に行われるヤクルト−横浜戦で、障害者アスリートを応援するイベント「パラリンピック選手応援デー」が開催される。主催するヤクルト球団によると、プロ野球の球団とパラリンピック代表の選手会組織との協力イベントは初めて。イベントは、昨季16勝で最多勝のタイトルを獲得した館山昌平投手(29)が球団に提案して実現した。

 館山投手は昨年、障害者スポーツを自費で支援している企業経営者と知り合い、また、北京パラリンピック走り幅跳びで6位入賞した佐藤真海さん(28)との出会いから、「障害を持った方のスポーツはもっと身近に感じられるべきだ」と考えるようになったという。

 当日は、バンクーバーパラリンピックのアイススレッジホッケーで銀メダルを獲得した上原大祐さんが始球式を行うほか、義足や車いすの体験コーナー、パラリンピックのメダルや写真の展示などが予定。球団は今後も隔月でイベントを継続開催していくことを検討している。

<東京都>職員の25%新聞購読せず 活字離れで対策チーム(毎日新聞)
ドクさんが双子誕生報告=リハビリの医師に−兵庫(時事通信)
<サッカーW杯>ツアー業者と連絡取れず 相談相次ぐ(毎日新聞)
<結婚>スピードスケート「銀」の長島選手 09年春に(毎日新聞)
児童ポルノ誘導サイトも「有害」、削除要請へ(読売新聞)
[PR]
# by i80dfullep | 2010-05-06 10:51